練馬 氷川台 整体 カイロプラクティックならけやき治療院

トップページ  コラム  人工甘味料について

人工甘味料について

◎人工甘味料とは

人工甘味料とは、天然にない成分を化学的に合成した甘味料です。中でも有名なのが、「アスパルテーム」、「スクラロース」、「アセスルファムK」です。お菓子や、ジュース、お酒(チューハイなど)などによく入っています。

・アスパルテームはメチルエステルとアスパラギン酸を結合させた物です。ショ糖(砂糖とほぼ同じと
考えて下さい。)の200倍ほどの甘みを持つにも関わらず、低カロリーなので、ダイエット食品や
ノンカロリーと表記されている飲料などにも使われています。
・スクラロースは、ショ糖の成分の1つを塩素に置き換えることで作られる合成甘味料。ショ糖からつくっ
ていることもあり約600倍の甘みを出すことが出来ます。体内に吸収される事もないので、基本的にカロ
リーはゼロ。つまり血糖値等にも影響がないため、糖尿病を患っている方も摂る事が出来るのが大きな特徴
と言われています。
・アセスルファムK(カリウム)は、酢酸を原料としてつくられています。他の合成甘味料のお助け役として使用されることが多いです。お菓子や飲料などにも使われますが、アセスルファムKはスポーツドリンクやダイエット商品(プロテイン)などにも使用されています。

◎人工甘味料の危険性

アステルパームの有害性は以下のような物があります。
・ ポリープ発生。
・目に奇形(統計的にも有意差)。
・体重減少(多くの実験で確認)。
・骨格異常。
・内蔵異常(肝臓、心臓、胃、副腎などの肥大)
・脳内伝達物質に変化。
・脳障害児(妊婦がとると生まれる恐れ)。
・分解毒物性の不安
・元気な精子の激減
また、遺伝子組み換え食品でもあります。
人工甘味料をとると腸内環境が悪くなります。人工甘味料には依存性があることも分かっています。
甘味を感じた時に人間の脳はドーパミンを放出するので、過度に摂取すると、ドラッグによる禁断症状のよ
うに“もっともっと”と欲する“中毒”のような状態になってしまうのでなるべく、食べ物の裏の表示を見
て避けるようにして下さい。

◎人工甘味料が使われている食品の簡単な見分け方

商品の説明文に
「ノンシュガー」「シュガーフリー」「カロリーオフ」「カロリーゼロ」「カロリー○○%オフ」「Light」などと謳っている商品にはほぼ人工甘味料が使われています。

ページトップに戻る